ばたつかせ

呼、呼吸音?

「何か……何――と

私は顔のそばにいて、紗の顔もすぐそこにある。

これは私は確信している。

「――――紗、紗――」

いや、動かないで……このままで。」

「うん、うん。」

耳元に妹の息が伝わってくる。

私は大きく目を閉じ締め、両方のこぶしを握りしめてひざの上の姿勢が震える。

握りしめたこぶしが力を入れすぎて、徐々に感じなくなっていくようになりました。結局——

!」

私の鼻腔を刺激してくれるのは、柔らかな香りで刺激してくれる。

次に、胸近くには柔らかな感触があります―――

糸「紗紗紗紗紗紗紗紗……糸霧?」

目を覚めなくても分かって、私は今妹に抱きしめられている。

「ばたつかせ、ばたつかせないで……このまま……」

だめ、実は私は死んでしまったでしょう。

これは、すぐに絶命前に見えるはずだ……自分の望みの夢を反映して、この状況は現実に不足すると感じて、この状況が現実に感じて。

「まだ、まだいいじゃないか………?」」

まだ、まだ。」

麻、面倒な……ちょっと説明してください!一番、最後の……特訓はいったい……!」

無理に声を絞り出して。どうして私は妹から今すぐに納得の理由を聞いて、私は……私は……!

ど、どうしたの

紗がささやきと囁きをして部屋に戻り。

「入りましょう、秘密特訓……………………最後の仕上げをする。」

ちょっと躊躇してから、紗の後に「開け放しない部屋」と。

ベッドに座って、自分の前には、自分の目の前を指していたという。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん……あなたは座って……こちら。」

「よ、はい、はい……」

なぜ、なぜベッドに座って……?と、普段と同じ床に座ってはだめですか?

いろいろな疑問が浮かんだが、余裕がないと聞く余裕がない。

ベッドに座ると、紗は緊張の表情で言います:

……いや、動かないよ。」

……うん、うん。そうですか?」

……対……そして……あの……目を閉じて。」

目を閉じて……目か?」

「ない、間違いない。」

.……………………ど、どうしたの?

紗が私を閉じて目を閉じて……いったい何をするつもりか。

「早く……何もしたくないと言って、あなたは何もしませんか?」

……間違いなく言う。」

自分の言うことで、責任を負わなければならない。

「似てます――そうですか?」

私は彼女の言った目を閉じて目を閉じた。視覚の関係について、意識も耳に集中しているので。

心臓が緊張して激しい脈打つが出ている。心臓の音が混ざっても、かすかに聞こえて――紗の呼吸音。

今度は私の話す語気に近い

さっと。彼は指を曲げ、紗を指している。

「あいつは『第二世代』だ』と「『第二世代』ですか』。」

紗は……エロス漫画先生の――第二世代?

………………」

エロ漫画について「先生」という性格合わない紗霧のペンネームで、私はかつて何度に疑問を持ち。

この理由は……これは彼女が自分で取ったペンネームペンネームじゃないから?

初代「エロス漫画先生」と受け継がれてきた関係?

……理解できない。

私は紗に目をねらわ。

……糸……」

彼女は、もともと彼女の声を出して、途中で止めて。

さっきまで揺るがなかった妹、今は形のプレッシャーが解放されて。

普段と同じ機械音――つまりエロ漫画先生の声で:

「あなたは何人?」

仮面の二人は対峙し、互いに睨ましている。

気分が徐々に引き締まっ――双方の視界の中心点、火花をとびちるうとする。

「なぜ―――あなたはこの事を知っているの?」

今度は私の話す語気に近い。

ちょっと停頓した後、相手は答えて:

「初代『エロス漫画先生』は私の絵を教えている師匠です。『あなたの真実と身分』について、私もよく知っている。」

俺はそんな事言ってるじゃないよ

妖精も傲慢な口調で:

そうなんだ!このさんに一目惚れし、またかわいいイラストを描いて色の人は、ここでのエロ漫画先生がそう!出版社の连係を経て、画家としては替え玉、この根本は成立しない!」

以上は仕事として顧客出版社、それにエロ漫画先生の連絡先、身分はきっとはっきり。たとえ先生がエロ漫画の偽物が現れ、すぐに分かる人――今と同じ。

妖精が言ったことは、この意味です。

村は先輩も当たり前に言います:

「うん、こっちが『本物のブランドの』のエロ漫画先生。こんな話でなければ、宗次朗の後輩は私のものだ。」

君にはあげない!

当時もし紗霧に降りて来ないかもしれません私今すでに千寿村徴の「専属小説家。

どうやら先輩根も葉もない確信しよう、エロ漫画先生は本物のブランドの。

私も同感です。

老子「俺はそんな事言ってるじゃないよ。」

画面上の「黒エロ漫画先生」は、ちょっと嫌そうに横振りをしているようですが。

「今使って『エロ漫画先生』というペンネーム連絡イラスト仕事の人は、確かにあいつは侧に、これはあなた達はない错啦。でも俺が俺の言うことは、そんな事じゃないんだよ。」

「それはどういうこと?」

過去……『エロ漫画先生』という名前があります……本当にとてもすごい挿画家で、今はもう活動してないけど。」

!」

「初代『エロス漫画先生』とは、初代『エロス漫画先生』ということなのでしょうか。そして――と

もう一度モニターに向けて

「いいえ、水着のことを触れないで!これは、とても重大な理由です……!」

先輩は真っ赤になり、胸を手にしたままで、スクリーンがまた落ちそうです。実はこの究極の自己中心大人物の関係が、深刻な雰囲気をすぐに完全に破壊された時、私は気付いた。

「アイツはこっちが見えるかな?!」

「ああ……」

紗霧私の声を警戒するので、慌てて上に具を隠したい元の顔——かもしれないけどもう遅い。

妹の本当の正体はすでに-。不明の人にはすでに暴露されて、私の警戒心はいっそう強烈です。

「これはどうでしょうか。」

真っ暗に画家は隠したくなった。

「お前が『本物のブランドの』のエロ漫画先生?これはいったいどうしたんですか!」

妖精は芝居をするように叫ぶ、強硬に話題として帰ってきた。

どうしたんだ?はこの意味ですか――あちらのエロ漫画『先生』は偽物は、おれが本物のブランドのエロ漫画『先生』とか!」

………………」

紗の漫画先生はずっとモニターをじっと見つめている。マスクをして、彼女の顔は覗けない。

もう一度モニターに向けて、怒りは相手を指す。

あなた、あなたこそは替え玉だね!ずっと以来、私の小説に挿し絵を描く人――絶対にあなたが!」

紗から生まれてまたかわいいイラストのあの時、私はこの目で見た。

あの時も、またそのときも同様に、今日のために――さえも「二人の夢」で絵を描く。

こんな「エロス漫画先生」は、偽物。

調和の瀋黙が部屋にあふれている

……あなたは……あなたは……何時か知ってる……」

「前の君は、『幻刀』第12集の手書き原稿は私に送ってくれないの?筆跡が同じだからすぐに見つかった。字をきれいな国に女の子は私の虫をどう考えてもただ一人だけ。」

……あ……」

「それに私はもちろん発見されてますね。デビューから、あなたは私の手に手を出す人なんだね。私は何度も繰り返して、私は元気に元気にさせていただきます。でも仕方ない出書に痛みを感じるとき、まだ本の評価が悪いため気を落とす時、僕たちが更に努力奮闘。この人が楽しくなれるためには、息ができないように、やる気になって小説を書き続けている。私の小説はとてもおもしろいと公言することを私の小説はとても面白くて、書くことができて本当にとても良いです。」

………………私……こんな私は欲しいじゃない……やっと……書きの。」

村は、私の前には、真っ赤になっていて、私の前に顔が真っ赤になりまし。

この光景、私の頬も急速に熱くなりました。

やっぱりそう、これは恥ずかしいから。

「それは……だから……が……」

サイン会のときに、光は男性に虫がこんなに直面して、彼女のような美少女で、もちろん緊張。

ああ、憎らしい……事前に心の準備をしておくのに、乾舌としてはちゃんと話してないから。

だから、おかしな笑顔になるかもしれない。

「ありがとう、いつも私を支えてくれてありがとう。」

デビュー時から、ずっと心の感謝、ついに本人に伝えてくれます。

彼女は驚いて帰に瞫火目、最後がかすかにうなずいて。

「うん。私は、非常にありがとうございます。」

私にはとてもやさしい感謝に応えます。

……………………」

……………………」

調和の瀋黙が部屋にあふれている。

私によく似ているこの人は、心が通じている感じがします。

先に口を開いた人は、村の%でした。

私はもともとずっと思っていました……夢は、一人一人として。でも、そうじゃない。」

でも、そうじゃない

それでも、私は、私は、それを伝えたいと思う。たとえ彼女を心配しても仕方がない、どうせ置いて彼女はどんなに、彼女もまた夢を、勝手に手の曲に回るように書き始めから超面白い小説。

「私が勉強%、光は夢だけを達成するのは、もったいないよ。」

ちょっとちょっとまわりを見てみてください……

――『究極のライトノベル』を書き出して、こう世界徴服!

――いつうわぎ私食品会社に協力して企業の朝、私の考えたキャラクターやお菓子があるコンビニの中では、それが今の夢。

私の夢は「世界で最もおもしろい小説」を書き出して!

お部屋を出て、二人で一緒に昼を見に行って!

無限の夢は。多くの宝物を埋めて。

私はこの年齢より小さい先輩、いわゆる創作はこんなものだと思う。

私は本当にとても話をすることができなくて、だから本当にとても頭尾があると感じて彼女に伝わることを感じます。

そして……

もうちょっと、どうしても君に伝えたい。昔から、昔、私はそう思っていました。」

へー「えっ?久しぶりに……以前は……?君と私と初めて会ったのは……」

最近会ったのは。知っている。

でも、そうじゃない。

ずっと前から、あなたは私はあなたを知っていた。

「この読者から手紙をくれて、私には、あねを学ぶことでしょうか?」」

!」

読者からの手紙の手紙の差出人、かわいい女の子の名前を書いて。

彼女は初めて私に感想を「あの人」――私作品の程度が好きかもしれませんが、一寸法師の背比べも、続くからの投書がくれた貴重な読者。

本当にびっくりした。これが私の同行、また偉大な先輩、千寿村は先生です。