なんと言っても

作者の表情を少し覗いて。

…………………」

妖精の空が震えてた。

それは、家族に死なれて死んだ後の悲愴な顔だったようだ。

少し刺激を与えて、今の神経が引き締まってすぐに破断します。

.…………本当にとても難しい発言だ。

もともとぼんやりと立っている爱尔みいに向きを変えて、ふらふらと出て客間。

追いかけられる人はいない。

画面上では言葉では形容できないアニメが放送されている。

………………………………………………」

上映会の会場、充満していて2011仏像は葬式の雰囲気。

そこに立って私のそばの中村徴学姉それをあっさりと:

「これはごみアニメだな。」

あなたは……!」

ぱん!私は偉大な学あねに向かって、頭を打っていく。

なんと言っても!このばかはなんと言うことが!

妖精と村は、%の%以外のすべての人に、ほぼ同じ思いがあるだろう。

村では、憐れみに同情する表情をして頭を押して。

……君は何をして、とても痛いですか!」

「何で俺は何をしているの、お前はこの馬鹿!」

「愚か、バカ……?」」

その顔は、重い打撃を受けているという顔をしている

でも彼女は理解していない!彼女は絶対に理解していない……!

ちゃんと表現しないから

ここと原作小説「爆炎の暗黒妖精」の冒頭は褐色の肌と同じ、黒髪の主人公(暗黒妖精)に展開の戦闘シーン。

背が高くても美しい男だが、真っ黒なコートを被っている。

彼は無比屈強、個性乱暴は自己中心。

は何かのために少し反抗が、取り外して警戒心後の性格と、子供みたいな無邪気でかわいい、今はとても受けて国の高校生を好き。

主役はこんもりたる森の中。

矢射がにわか雨のようにのように、彼は大シミターを振ると同時に開いてなく、草木を走っても止まらない。

もし原作と同じ、続いて彼が誤闖聖域、「光の泉」と女性の運命の出会い。

アニメで、第1話の開場シーンは「最初の決定シーン」と言えない。

つまり、観客の先に攻撃をするということだ。

この部分は本当に迫力の作画の作画と音楽が超かっこいいということです

ちゃんと表現しないから。

…………………………」

………………………………………………………………………………」

…………………………………………………………………………………………」

現場のすべての人を見るまで、なんともいえない表情を見せて

内心は本当にとても瀋痛て苦しくて、理由も説明したくありません。

私の家の応接間に異常な瀋黙があふれている。

映像がありましたね

遊ぶ時間がないから、私に文句を言うことは止めない。

仕事をしてから、ゲームをやって、何も知らないと言って、ゲームをしていたのは、彼女の仕事だと、怖くないと言い切る……こいつは作家の態度は本当にゴミと同じ、私も真面目に10代後半~20度疑った。

でも……

結果、妖精は1度の原稿の場合はすべて発生していません。

彼女は安定的には三ヶ月の間隔の刊行を続ける原作小説を顺調に完成しながら、膨大な数のアニメ版の仕事。

それは驚嘆だ……尊敬に値する仕事態度。

……恥ずかしいけど、絶対に本人に言うことはないんだから。

でもこのように一緒に彼女の成果を見て、本当にとても楽しいです。

…………はいはいはいはい……いよいよ始まるよ。」

妖精はテレビの正面でリモコンを握っている。彼女の手は微かに震えてた……彼女は、このときも緊張して、私に彼女に好感を持っています。

妖精は唾を飲み込む。

「から始めに!」

ボタンを押して、うちのテレビが映画を放送し始めた。

最初に表示されるのは10この数字。

接は9、8、7……デジタル変換。

そして―――

「ね、映像がありましたね。」

………………………本当に面白いでしょう?」

「わあ、なんだか緊張してきてね♪」

「しっ、始めようかな。」

開場戯(オープニングアニメスタート前の映像)がついにスタートしました。

私は後に一歩大股した後に

恵さんは得意げに指を伸ばして:

「前回の失敗の教訓を覚えているので、今回は小和泉と約いいかな」としている。」

彼女は速くて、1歩1歩進んで、そして悪意を使って萌えの姿勢を売りました。

「とにかくこんなことです!お兄ちゃんの♡♡はどう思いますか?

「これ、これなんだから……」

この、あいつの顔は近すぎるから!

これは根本的な姿勢に色気で誘う。私は後に一歩大股した後に:

クリスマスパーティーには、代表は24日?」

「そうだ、私はこんなつもりだったよ。」

「あなたの行程は問題ないか?」」

「ああ~~~」

恵は察知したいこと、そして回に魅惑の色の色目が私に。

「お兄ちゃんには感謝に感謝します!しかし私は今彼氏もいない~と友達たちは二十五日に開催予定ですのでパーティー~問題はないよ!」

「ああ、そうですか。」

あなたは安心しましたか。」

「やっとないと。」

って言ってたけど、そういう考えはなかったのに、毎回、私には意味があるように……

私は恵の発言を無視、クリスマスパーティ関連の話題を検討している。

「それは……クリスマスパーティを24日に開催するつもりで、それから25日は忙しいでしょう。あいにく、あいにく、私と紗は、あの日にはもう約束してありました。」

そんなことを言って拒否する

宗次朗、ちょうどあなたはちょうど。さあ、早くこれを見なさい!私の最も自慢の軽い小説のtsa!」

十二月十日の放課後。

高い砂の本屋に来て。

目の前は軽小説だ。

看板女店員智恵のおすすめ本棚、高高地はこの。

高砂智恵――私のクラスメートも知っている、「和泉徴宗」の正体の知音。

彼女は1頭の鮮やかな黒髪が印象的な女の子に殘ている。

彼女は軽小説が大好きで、毎月何十冊もの重度の読者を読むことになっている。

近くの軽小説愛好者も感心の足立権威。

表紙のカウンターで推薦作品本棚の明ライトノベルベスト、新たな面白い書籍閲覧したい時、いつも助けることができるに忙しい。

『私たちの友達を見て、私の本を推薦作品の本棚に並べてあるのだから。』

私が頼んで、彼女はいつも指をのスナック……

『だめされたい、擺在の私の推薦のコーナーにば、早く行って書くと心の琴線に触れる読者の超面白い小説が出てくるでしょう!』

そんなことを言って拒否する。

ある日、その友達に「面白い」と言いたい言葉。「和泉先生の署名書をお店の奥に置いて下さい」と頼まれて、和泉先生の署名をお願いします。

これは私の目標です。

「今週のおすすめコーナーは、あなたの新作です!」

「――――」

今、私の目の前にある――目標達成した。

三ヶ月前、九月十日発売の和泉徴宗著作の「世界で一番可愛い妹』第一集。

そして、今日はやっとちょうど発売の第二集、推薦コーナーの真ん中に最も目立つ位置表紙れた。

指で私の智恵、私の硬直しない様子を見て苦笑して苦笑した。

確かに、

老子「そう、俺が初めて他の人に感動させることができるのは初めてですが。『凄い』と『とてもおもしろい』と言う人もいます。この世界は美しいところ片鳞半爪、他人に伝えるのがやっと分かりました。絶対に俺自身一人の力じゃないけど……それでもそれでも……いや、そうだからこそ、こんなに嬉しいの……今のように日本では画家になって、これがきっかけで。」

私は彼女ほどの芸術才能はないが……ただ1件の事はとても分明としても。

誰と一緒に創作して、本当におもしろいですね。

病み付きに病み付き参会、二度と手を離さない。

「よし、この物語は想像以上に長くなっているんですね。恥ずかしいから今日が終わると、忘れてしまいましょう。」

爱尔みい少し恥ずかしそうに頬を掻き掻き。

……確かに、和泉徴宗のファンにとって、おれは一日虫。多すぎるものに感動された人の言う『おもしろい』と『好き』は確かに淺はかな言葉。大切な原作は俺の気持ちに任せたくないと思っていた……でもね……」

そのとき彼女は紗の目を見つめていた。

「俺様にとって、物語に絵を加えて『特に好き』ということを、『特に好き』ということを。尊敬する先生を彼女の子供たちが創作した『超面白い小説』を自分の手で漫画化、おれにとっても『好き』のことよ。この様子……だめですか?原作を託ば……俺の『好き』は足りないか?」

………………………………………………………………」

紗は非常に長い瀋黙の後――と、紗の瀋黙

「またがりメディア制作は原作の対決だな。」

爱尔みい次次と言って

……つまり、爱尔みぃは感受性が弱い……」

「で、強くなったから、理論を頼りにするしかない。」

「いかなる物事に感動できるから、誰も共用することはできない。』

凄い才能だとはよく、呪いのように。

「完全ジャンプにはできないから……だから、しばらく悩んだ時間があるよ。」

「次には……どうしたの?」

いつの間にか、非常に専念紗霧の話を聞い爱尔みぃ。同行しているということで、また、また、また、境遇に似ている関係があるからです。

爱尔みい突然遠くを見つめて、穏やかな口調で言う:

「第一の恩人は――」

『たくさんの好きなもの、素敵な事だよね。そう、あなたはたくさんの宝物から、「大好きな」を探して……この様子ではあなたの夢を助けられるとは限らない。』

「――彼女はこんなにも老子の教導のだからな。当時はまだわからないけど……でも今は少し理解できて。」

…………」

それは誰かと気付いたら紗は小さな微笑み。

爱尔みい次次と言って:

そして、第二の恩人は悩みの老子に対して、これらの言葉を話した。

『あなたの描いたこの女の子、心がない感じはしないかな。』

『それでもいいじゃない、悩みのない、ないという言葉が作ってたらいいな。』

「できないから悩んだんだ?」そんなことは私に任せてください。』

『このお嬢さんが描いてくれた絵の絵にはストーリーを加えて!あなたが描いたこの女の子は、お嬢さんが命を灌注てくれます!』

私たち二人の力で、全人類に感動させて涙を流したでしょう!』